妊婦、子育てママも歯のケアが大切

妊娠中、歯の検診に行った時に虫歯や歯の痛みを治療しました。
妊娠する前は歯のケアにおいて適当に考えていたのですが、病院や保健センターで歯のトラブルは早産を引き起こすリスクがあるという事がきっかけだ。

正直言うといった、歯のトラブルが早産に関するは今まで知りませんでした。
なんも、歯周病などになるとその菌が体内を周り、お腹の中における赤ちゃんに少なからずとも影響を与えるそうだ。

妊娠してからその事実をしったのですごく慌てました。
今まで億劫だった歯科検診にどうにか行き、虫歯が出来ていることにも気がつきました。

妊娠中は薬やレントゲンは怖いと思われる方が多いと思いますが、歯科医はちゃんと妊婦も安心な処方を通して下さいます。
怖がって歯科検診に行かないことの方がのちのちトラブルを引き起こす可能性があるのでとにかく行った方がいいという考えられます。

そうして、無事に出産してからも油断はできません。
育児に追われ自分のことは後回しになりがちなので、口内環境は気をつけないと悪くなる一方だ。

ただし、母乳を与えているので母体環境が悪くなることは赤ちゃんにも関わってきます。
母乳を与えていても服用できる薬、麻酔もあるので(私は母乳育児中親知らずを抜きましたが薬も麻酔もいただきました)自分につき、子供のために歯を大切にしていきましょう。あごニキビ対策に最適なのは、日々のケアです

神経が腐る前に!

女子大生のころ、夜も眠れないほどの歯の痛みに悩まされたことがあります。
当時はこういう痛みを早急に改善するため、家から一番近い歯医者へ直行しました。
そこでは虫歯が何本もあるから治療していこう、と言われいざちっちゃな虫歯をいくつか治してもらったのですが、
感じんの奥歯の強い痛みは治らず、その旨を告げるといった「親知らずが隣の歯を押しているせいだと思う」とだけ言われ
中でも治療されることはありませんでした。
なので今度はネットの口コミなどで良い評価の歯医者さんを探し、「親知らずを抜く」ので予約しました。
が、結論から言うと痛みの原因は親知らずではなく小さいころに治療した歯の詰め物の下にもっと虫歯がありそれが進行しておくにすすみ
神経が腐ってガスが発生しているがそれが外に出れなくて痛みにつながっていたということが発覚しました。
治療は詰め物をとり、歯の中のガス抜きから始まったのですが通院一日目から嘘のように痛みが和らぎました。そうしたら順調に治療を通してもらい、もっと歯並びに合わせた磨き方や適切な歯ブラシを教えてもらったり、睡眠中の歯ぎしりでけずれてしまった歯の調整を通して頂いたりしました。
因みに治療中歯の神経を抜くというものがあるのですが、正直いとも痛いだ。
今後ほんとに気を付けようというぐらいいやな痛みだ。(麻酔が聞いていても何かに触るといった言葉にできない不思議で嫌な痛みがくる)
その経験のおかげで現在、当時はなあなあだった歯のケアや定期的に歯の検診にみずから行くようになりました。
もしも一年以上歯の検診をめぐってない方には必ず一度見てもらうことをお勧めします。ニキビの原因と対策は

下がってくる歯茎の悩み

歯の美しさは、きちんとした生活態度や上品で若々しい印象につながるというので気をつけています。なので、歯磨きは中でも念入りに行うのですが、強く磨きすぎて次第に歯茎が下がってきてしまい悩んでいます。歯医者さんに行くと、歯茎の下がりは加齢によるものもあるそうなのですが、私の場合、加齢に加えて強く磨きすぎることが原因だと言われてしまいました。鉛筆を握る形で力を入れずに磨くといいのですが、すべすべピカピカにしたいとの思いから磨いているうちにたまたま力が入ってしまい、気がつくというごしごし磨いてしまいます。歯茎に優しい柔らかめの歯ブラシを使い多少なりとも歯茎への負担を減らしたいのですが、歯磨きの爽快感が丸ごと身に付いてしまい、ごしごし磨きをやめることができず困っています。そもそも歯の美しさは若さや上品さにつながると思い始めた丁寧な歯磨きのはずなのに、歯茎が下がって長い歯になってしまってはむしろ老けて見えてしまいますし、特に、歯のメンテナンスをするつもりが歯を痛めつけるという悲しい結果になってしまっており何とかしたいとしています。やむを得ず無心になって磨いて強く力が入ってしまうので、利き手と反対の手で磨いたりしたもののでは隅々まで磨けず満足のいく歯磨きになりませんでした。そこで、毎回10分程度歯磨きに時間をかけていたのをちょっと短くしたのですが、今度はちゃんと磨いたという満足感、達成感が得られないのです。何だかうまくいきませんが、美しい歯を保つために歯茎を痛めない満足感の得られる歯磨きを模索中だ。デオプラスラボプラチナムでワキガ対策効果があります