皮膚科に行くのがが1番です。私は中学生の頃からアゴのニキビに悩まされてきました。

最初はプツッといったアゴにひとつできただけですが、治ったと思ったらまた出て来ての繰り返しでした。高校生に高まる頃にはひとつではなく、二、三個できるようになっていました。気になって潰してしまい、痕ができました。ネットで調べるとかまってはいけないという風に書いてありましたが、結構気になって無意識のうちに触ってしまう。薬局のニキビの薬を試してみたり、洗顔方法などを調べたりして実践してみたのですが、大いに効かなかったです。とっても悩みました。アゴ意外では、こめかみや額にも思い切りニキビが出て来ていたのですが、割とすぐに治り、増やすこともなかったのです。但しアゴのニキビは必ず濃いものでした。高校を卒業した後、漸く皮膚科へ行くことになりました。皮膚科の先生にどうしてこれ程アゴにニキビができるのか聞きましたが、結局理由はわからないまま。ニキビに訊く薬をもらい、その日からちゃんと塗り始めました。きっちり毎日かかさず塗ると、ニキビが出来なくなり、痕もだんだん薄くなり3ヶ月ほどでほとんどの痕が目立たなくなりました。

共にテレビでCMをしている、ニキビに効く洗顔料を購入し使っていたので、それの効果もあったかもしれません。但し、薬の一つの量が少ないのですぐに無くなってしまう。皮膚科にあっという間に消え去るので二つほしいといったお願いしましたが、それはできないと言われました。ニキビがだんだん薄くなってきて、仕事が忙しくなってきた事もあり病院に行く暇がなくなり、薬を塗りつけることが少なくなってきました。すると、またアゴにニキビが行え始めました。結局ニキビの理由はいまだにわかりませんが、アゴのニキビはストレスが原因というのをネットでよく見るのでストレスは溜めないように心がけていらっしゃる。確かに、高校生の時は部活のストレスが毎日あり、社会人になった今は仕事で行き詰まったら時折できるような気がします。今はストレスをからきし感じていないせいか、アゴのニキビは落ち着きましたが、痕がまた気になり出しました。やっぱり皮膚科に通わないといったこれは治らないだろうと考えられます。どうしても今はニキビができても触らないように、潰さないようにしています。
ポーラ リンクルショットメディカルセラムはAmazonで購入